ダイビングで注意したいこと

ウェットスーツの役割

ウェットスーツの役割 ダイビングをするときはウェットスーツを着るのが一般的です。ウェットスーツには身体を保護する役割があるからです。ダイビングで潜っている海の温度が低いと、体温も低下してしまいます。その結果、体が動きにくくなりダイビングに支障が出てしまう可能性があります。しかしウェットスーツを着ていると、体温の低下を抑制できるのです。近年開発された製品の中には、体温を保つ高度なメカニズムを備えているものもあります。

また、温度以外にも体に影響を及ぼす害も存在します。海中に存在する岩や流木に接触したときに、強い衝撃を受けることは珍しくありません。その衝撃から身を保護して、怪我するのを防ぐ役割もあるのです。さらに着ることによって、浮力を得やすくなり安全性が高まるというメリットもあります。その一方で、本格的にダイビングに取り組み深く潜ろうとすると、浮力が邪魔になるケースも少なくありません。その場合は浮きにくい製品を選ぶ必要があります。

ダイビングのスポット

ダイビングのスポット ダイビングをするなら一度は誰もが潜ってみたいと考えるおすすめスポットがあります。パラオのブルー・コーナーは世界的にも人気のあるダイビングスポットです。驚くべきはその水の透明度です。色とりどりのお魚たちの姿をはっきりととらえることができます。基本的には天気が良い地方なので、様々な魚たちを楽しむことができます。

また、定番でもあるオーストラリアのグレートバリアリーフもダイビングをする人にとっては根強い人気を誇るスポットです。世界中の他の地域と比較してもワンランク上のサンゴの棲息している海を楽しむことができます。観光客が多いことはメリットでもデメリットでもありますが、そのぶんダイビングに適した環境や設備が用意されていると考えることができます。他にもガラパゴス諸島のジンベイザメやザトウクジラ、タイやインドネシア、マレーシアなど、世界中で国内のみならず、様々なお魚や自然を楽しむことができることで人気があります。

新着情報

◎2019/6/12

ウェットスーツの役割
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ダイビング スーツ」
に関連するツイート
Twitter